Column

家族みんなのLDK

2022.01.24
ツバメのせんぱい
家族構成 :
ご夫婦+お子様2人
所在地 :
さいたま市浦和区
専有面積 :
63.83m2
間取り :
3LDK→2LDK
竣工 :
2020年2月
築年月 :
1996年3月

ツバメクリエイツで理想の住まいを手に入れたお客様のお住まいを訪問する企画「ツバメのせんぱい」。
今回は、さいたま市浦和区で中古マンションを購入・リノベーションされたN様ご家族のご自宅におじゃましてまいりました!

マッシブで存在感のあるキッチン。

(ツバメ)本日は、どうぞよろしくお願いいたします!N様のリノベ体験を根掘り葉掘りお伺いできればと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!
早速ですが、物件購入のきっかけについてお聞かせいただけますか?
(ご主人)二人目の子が生まれたことがきっかけですね。これまでは池袋近辺の賃貸に住んでいたのですが、その部屋が1LDKで40㎡弱と家族4人が生活するには手狭でした。下の子が生まれてからかれこれ3〜4年くらいずっと家探しは継続していました。

それから、私が在宅勤務になったのもきっかけとしては大きいですね。お互いの職場から近い場所ということで、池袋近辺に住んでいたのですが、在宅勤務になったことで、「職場の近くに住む」ということを考えなくて良くなったんです。
もともと家族4人で住むには狭かった部屋で、私が在宅勤務になったことでさらに窮屈な感じに思えてきてしまって、広い家に引っ越したい!という気持ちが強くなりました。

(奥さま)私の実家がさいたま市内なので、職場の近くに住む必要がないのであれば、実家近辺で家を買おうということで検討を進めました。埼玉の物件は、都内に比べればより広くかつリーズナブルな物件が多いので、そういった部分にもメリットを感じました。
(ツバメ)「職場近くに住む必要がない」というのは、今後の「住まい方」を考える上で、大きな転換ですよね!選択の幅が広がりますよね!

解放的で明るいLDK。

(ツバメ)物件を購入するにあたっては何件くらい内見されたんですか?
(奥さま)そうですね、4〜5件くらいだったと思います。実家の近くに住みたいということもあったので、ある程度エリアは絞っていました。そのエリア内で気になる物件を見ていき、最終的にこの物件に決めました。
(ツバメ)内見された物件の中でこちらの物件に最終的に決められた決め手は何だったんでしょうか?
(ご主人)まず、値頃感のある物件だったことですね。リフォーム前の物件だったこともあって、相場に比べると割安感がありました。それと、日当たりですね!

(奥さま)眺望も決め手の一つになりました。最初は階数は気にしていなかったのですが、この物件を内見して、その眺望の良さに感激しました。笑
(ツバメ)値頃感。大事な指標ですね!中古物件の場合、「現況のまま」、「リフォーム(リノベーション)済」と物件の状態が分かれますが、後者の場合、リフォームにかかった費用が物件価格にのってくるので、前者に比べると価格は上がりますよね!
僕たちの場合、結局リノベしてしまうので、現況のままの方が色々と助かりますよね。笑

アクセントカラーはブルー系の色味で統一。

(ツバメ)物件選びの際に重視していたポイントはありますか?
(ご主人)駅距離(徒歩10分以内)、日当たり、リノベしやすい間取り、リフォームされていない物件、です!
リノベすることは決めていたので、変にリフォームされていない物件を探していました。この物件はたまたまリフォームされずに売りに出ていたので、そういう意味で良かったですね。間取り的にもリビングを広くとれる間取りだったので文句なしな感じでした!
(奥さま)結果的にですが、歩いてすぐの場所にイオンもあって、少し歩けば大きな公園もあって、住環境の面でもとても良かったと思います!
(ツバメ)まさに理想の物件に出会えた感じですね!

昼過ぎになると南西に向いた窓から明るい光が室内に注ぐ。

(ツバメ)今回、「中古物件+リノベ」を選択されましたが、新築物件は考えていませんでしたか?
(ご主人)私は、全くなかったですね。新築物件の場合、どれも似たような雰囲気、デザインなので、自分の好みとは違うなと思っていました。
(奥さま)私は、キレイなお部屋が良いなと思っていて、最初は新築も良いかなという気持ちがありました。色々と調べていく中で、全体的にリノベしてしまえば良いかもという考えに変わり、最後は、やっぱりリノベが良いなという気持ちになりました。
(ツバメ)室内をまるっとリノベしてしまえば、室内は新築と変わりませんからね!笑
室内は新しく、かつ、自分たちの好きなテイストに設えられるのがリノベの良さですよね。
トータルの金額も新築物件を購入する金額よりも抑えられるケースの方が多いので、そういった部分でもメリットを感じられるのではないでしょうか。

室内をまるっとリノベ。従前の古さは一切感じない。

(ツバメ)リノベ会社はどうやって選ばれたのですか?ツバメクリエイツを選ばれたポイントについて教えていただけますか!
(奥さま)最初は都内にある別の設計会社に相談していました。その会社に不動産会社を紹介してもらい、物件を購入したのですが、その都内の設計会社は埼玉エリアが対応エリア外ということで、断念しました。
物件を紹介してもらった不動産会社にSUVACOというリノベ会社紹介サイトを教えてもらい、そのサイトでツバメさんの存在を知りました。
サイト内で色々な会社の事例を調べるなかで、デザインの雰囲気が自分たちの好みに近いなと思い、最終的にツバメさんに決めました。

(ツバメ)そんな経緯があったのですね!色々とご検討いただくなかで最終的に弊社をお選びいただき嬉しい限りです!
リノベ会社さん各社でデザインの雰囲気が違っていると思いますので、自分たちの雰囲気に合っているかどうかを見極めていただくことも重要かなと思います。そこが合っていると最終的に完成するお部屋も満足いただけるものになるかと思います。

(ツバメ)今回のリノベでこだわったポイントについて教えていただけますでしょうか!
(奥さま)キッチンを中心としたデザイン計画にしました!
(ツバメ)料理がお好きなんですか?
(奥さま)いえ、逆に料理はあまり好きじゃないんです、、、笑
好きじゃないので、キッチンに立つとテンションがあがるようなキッチンにしたかったんです。デザイン性が高い「GRAFTEKT​​(グラフテクト)」のキッチンを採用しました。グラフテクトは以前から知っていて、キッチンはグラフテクトにしたいとずっと思っていたんです。他にはないデザインでとても気に入っています!
(ツバメ)グラフテクトのキッチンが存在感あってカッコいいですよね!

GRAFTEKTのキッチン。シンプルながら存在感大。

リビングの一部に取り込まれたキッチン。家族の存在を感じながら料理に没頭できる。

(ご主人)私は、LDKを広くしたかったので、従前の間取りを変更してLDKを広くしてもらいました。家族がそれぞれの部屋にこもるのではなく、家族がリビングで一緒に過ごせるような空間にしたいなと。リビングが広くなり、開放感も感じられる場所になりましたね。

間取り変更で広くなったリビング空間。キッチン・ダイニングとの連続性も◎。

(奥さま)洗面を広くしたのもこだわった点かと思います。寝室のクローゼットの一部を洗面スペースに取り込み、その分洗面スペースを広くしてもらいました。娘2人なので、将来3人でお化粧ができるように広くしたいというのがあり、実現できて良かったです!
(ツバメ)収納スペースを削って他のスペースを広くとるという方法、またその逆もあるかと思いますが、間取りの変更(スペースの配分)が自由にできるのもリノベのメリットでもありますよね!

寝室の収納スペースを削り、その分洗面スペースをゆったりと広くした。

(ツバメ)お住まいになってからもう少しで1年が経とうとしておりますが、「ここはこうしておけば良かったな」と思うことは何かありますか?
(ご主人)そうですね、強いてあげるとすると「キッチン照明のスイッチの位置」ですね。
LDKに入ってすぐのところに各スペースの照明スイッチがまとめられているのですが、キッチンで作業していてキッチンの照明を消そうとすると、その場所まで移動しないといけない動線になっているので、キッチン照明のスイッチは別な場所につけておけば!とは思いました。

(奥さま)洗面のミラー収納をソフトクローズにしておけば良かったなと思いましたね。急いでいる時とかにバタンってやってしまうので。笑
他のところもソフトクローズ多様しても良かったのかなと今となっては思います。
(ツバメ)計画段階ではしっかり検討したと思っていても、実際生活していくと「あれ?」と思うことありますよね。照明スイッチの場所、コンセントの場所などはその良い例かなと思います。ここにも欲しいなとか。こっちだったなとか。笑

(ツバメ)これはやって良かった!みんなにもオススメしたい!ポイントはありますか?
(ご主人)玄関収納ですね。上から下までたっぷり入るように変更してもらい、特に下の部分のスペースが増えたので、ベビーカーを収納できるようになったのが良かったですね。
(奥さま)廊下の壁面フックですね。外から帰ってきてコートやヘルメットをすぐにかけられるので、とても便利です。
それと、パントリー部分に冷蔵庫を隠せる設計にしたのですが、室内側から冷蔵庫が隠れてすっきり見えるので、やって良かったなと思います。

キッチン横にパントリー・冷蔵庫置場を。

(ツバメ)最後になりますが、お二人から「ツバメのこうはい」のみなさまへ何かアドバイスを頂戴できますでしょうか!
(ご主人)何事も楽しんでやるのが良いと思います!ショールームに行くなど普段行かない場所に行けるのもこういう時くらいしかないと思うので、新鮮で楽しいと思います!
(奥さま)ネットで色々な情報を収集するのが楽しかったですね!自分たちがやりたい事例を集めて「これやりたい!」と言えばツバメさんが実現してくれるかと思います。やりたいことはどんどん言った方が良いと思います!
(ツバメ)貴重なアドバイスありがとうございます!
N様ご夫妻、本日はありがとうございました!

written by Kazuya Kashimura