Column

暮らしを豊かに

2021.07.13
ツバメのせんぱい
家族構成 :
ご夫婦+お子様2人
所在地 :
川口市
専有面積 :
80.30m2
間取り :
3LDK→2LDK
竣工 :
2020年12月
築年月 :
1999年2月

ツバメクリエイツで理想の住まいを手に入れたお客様のお住まいを訪問する企画「ツバメのせんぱい」。
今回は、川口市で中古マンションを購入・リノベーションされたS様ご家族のご自宅におじゃましてまいりました!

飽きのこない普遍的なデザイン。ずっと居たくなる心地よさ。

(ツバメ)本日は、どうぞよろしくお願いいたします!これからリノベを検討されている「ツバメのこうはい」のみなさまの参考となるように、S様のリノベ体験を根掘り葉掘りお伺いできればと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!
早速ですが、今回の物件購入に至った経緯をお聞かせいただけますか?
(ご主人)私が勤める会社は転勤が多い会社なので、以前は、地方での生活も経験したのですが、この物件に引越す前は、さいたま市内の社宅に住んでいました。実は、昨年引越しを伴う転勤が決まっていたのですが、この状況下でその話が流れてしまったんです。
そんな時、将来のことや子供のことなどを考える中で、どこかに居を構えるということを意識するようになり、物件購入を検討することにしました。
川口は結婚してから6年ほど住んでいたこともあり、地域への馴染みもあったので、川口市を中心に物件を探しました。
(ツバメ)転勤が多い会社にお勤めなのですね。お子様の将来のことやご家族のことを考えると、どこかに居を構えて暮らしたいというお気持ち、すごく分かります。

壁と天井は白を基調に。無垢オーク材の床が際立つ。

(ツバメ)馴染みのあった川口市を中心に物件探しをされたということですが、何件くらい物件をご覧になったのですか?
(ご主人)そうですね。3つか4つだったかと思います。期間も短期集中で、不動産屋さんへの2回目の来店でこの物件を決めました!笑
(ツバメ)すごい決断力!こちらの物件の決め手はどういったところだったのでしょうか?
(ご主人)まず、角部屋で明るい。南と西に窓があるので日当たりがすごく良いんです。それから、広さ(80㎡)。あとは立地ですね。歩いて行ける距離(徒歩5分以内)にスーパーがあるので、結構ポイント高かったです。笑
(ツバメ)すごく理にかなった選定の考え方だと思います。室内はリノベしてしまうので、基本的にはどうにでもできるのですが、今おっしゃられた日当たりであったり立地というのは、物件固有のもので、絶対に変えられないので、そこを基準に物件を選定されたというのは、不動産のプロですね!笑

南西の角部屋。柔らかい光が室内に注ぐ。

(ツバメ)少し内容が重複しますが、物件選びのポイントは予め決められていたのでしょうか?
(ご主人)特に具体的なポイントを決め決めで持っていたというわけではないのですが、広いリビングにしたいというのはありましたね。子供が小さいうちはリビングで過ごす時間が長いので、リビングを広くとり、家族がゆっくりくつろげるような空間にしたかったですね。
(ツバメ)そういった意味では、今回購入された物件は、ご希望のリノベプランを実現しやすい間取りでしたね!「リビングに隣接する形で和室があるタイプの間取り」は和室を洋室化しリビングに繋げることで、広いLDKを実現することが可能ですよね。
(ご主人)それと、転勤が多い会社に勤めているので、将来的に転勤になって、家族みんなで転居となった際に、物件を賃貸しやすいような立地、駅からの距離や生活環境の良い立地が良いなというのはありました。

元々の和室を繋ぎ、一体的な広いLDKとした。

(ツバメ)今回は、「中古マンション購入+リノベ」という選択をされましたが、戸建や新築マンションという他の選択肢については検討されたのですか?
(ご主人)「中古マンション購入+リノベ」の一択でしたね!笑
まず、戸建に関しては、妻も私も実家が戸建だったんですが、やっぱり冬寒くて。。笑
これまでマンションでの生活をする中で、「やっぱりマンションは暖かいね」というのがお互いあって。そこは迷わずマンションでしたね。

LDKのどこにいても快適で心地よい。

(ご主人)それから、立地を考えた時に、駅から徒歩圏にある戸建だと、川口市内だとどうしても3階建の戸建になってしまうなと。広いリビングを実現したかったので、そういう戸建は自分たちのニーズには合っていないなと思いました。
あとは、自分たちの好みの雰囲気の内装デザインにするためにと考えると、建売住宅ではそういった物件がないので、注文住宅にならざるを得ないなと思いました。そうすると今度は予算的に厳しいなと。
(ツバメ)駅から近い立地ですと、比較的狭い敷地に三階建の建物という建売物件が多いですよね。そもそも広い土地が見つけにくいというのもあるかもしれません。販売業者も売りやすい価格帯にするために、広い土地を分割して売ったりもしているので。

(ご主人)新築マンションに関しては、大抵の新築マンションがウリにしている「ラグジュアリー感」がどうしても自分たちには合いませんでした。笑
共用部の豪華さとかコンシェルジュサービスとか最新の設備とか、そういった部分には私たちは惹かれませんでした。笑
室内もだいたい同じ感じの雰囲気で物足りないというか、よく言えばキレイな感じなんですが、どこかワクワクするようなデザインではなくて。私たちは、毎日が楽しく暮らしが豊かになるような室内にしたかったので、自然と新築マンションという選択は除外されましたね。
(ツバメ)お金のかけ方の問題なんでしょうね。笑
ラグジュアリーマンションは、エントランスを入った時の第一印象は「おぉ!」となるかもしれませんが、実際に生活するのは室内なので、、、室内にお金をかけた方が良いですよね!

洗面スペースにも自分たちらしいデザインを。

(ツバメ)もう少し深掘りさせていただきたいのですが、物件購入を検討された当初からリノベすることは決められていたのですか?リノベありきで物件探しをされていたのでしょうか?
(ご主人)ちょうど物件購入の検討を始めた頃、妻の姉が自宅をリノベしていて、遊びに行ったんです。実際にリノベされた部屋を見て、自分たちも「リノベしたい!」という気持ちが強くなって、それでリノベすることを決めましたね。
(ツバメ)「百聞は一見に如かず」ということですね!

存在感があるキッチンカウンター。室内全体に調和する。

(ツバメ)リノベ会社はどうやって選ばられたのですか?ツバメクリエイツを選ばれたポイントについて教えていただけますか!
(奥さま)下の子がまだ小さいこともあり、(当時住んでいた)自宅の近場、さいたま市内のリノベ会社を探しました。
最初は、市内の他のリノベ会社さんで打合せをしたのですが、どこか雰囲気が合わないというか、感覚の違いのようなものを感じてしまったんです。
(ご主人)それからちょっとモヤモヤしていて、他にリノベ会社がないかを2人で探す中で、たまたま同じ日にネットでツバメさんを発見して。これは運命だなと。笑
実際にお伺いしてお話をする中で、どこか安心感のようなものを感じました。コミュニケーションだったり提案内容だったり。こちらから細かい指示を出すというよりは、ざっくりとしたイメージをお伝えし、それに対して具体的なご提案をいただけたので、その点がとても良かったですね。

(奥さま)そうですね。安心してお任せできそうだなと思ったので、打合せをしたその後すぐにツバメさんにお願いしようと決めました!
(ツバメ)たまたまご夫婦で同じ日に発見していただいていたなんて。それは運命感じてしまいますね!笑
私たちは、「お客様の心の中に眠っている本当のニーズは何なのか」という点を常に気にしています。ですので、お客様との会話はとても大事にしていて、その会話の中から色々なご提案に繋げていければと思っております。

子供部屋はお子さまの好きな水色をテーマカラーとした。

(ツバメ)今回のリノベでこだわったポイントについて教えていただけますでしょうか!
(ご主人)まずは、この床材ですね!色々と床材について調べる中で、「オーク」にしたいと思っていたのですが、他社さんに伺った時に、オークは高いと聞いていたので、ちょっと手が出しにくいのかなと思っていたんです。
そんな懸念を抱きながらツバメさんに伺ったところ、施工案件で、オークを一番使っていて、大量に仕入れているために、割安に提供できるということをお聞きし、私たちにとっては願ったり叶ったりな状況でした!なので迷わず床材はオークにしました!
オークの色味も好きなんですが、何よりもこの無垢の質感が気に入ってます。足触りも気持ち良くて。最高です!
あとこだわったのは、広くなったリビングダイニングですね!物件購入時に考えていましたが、実際に広くなると、やって良かったなと思います。

床にはこだわりの無垢オークを。足元から心地よい空間に。

(奥さま)キッチンのデザインもこだわりました。腰壁の部分は憧れていたモルタル仕上げにしてもらいました。背面の棚は、これから買う予定の家具が収納できるように高さを指定し、造作してもらいました。それとカウンターの奥行きも、料理などを置いたりすることを想定し、少し奥行きを広めにしてもらいました!

キッチンカウンターは、デザインだけでなく機能面にもこだわった。

(ツバメ)オーク、素敵ですよね!仕入れの関係でリーズナブルにご提供できるというのもありますが、自社スタッフの自宅や自社で保有している物件もだいたいオークです。自分たちでその良さを知っているので、結構オススメしちゃいますね!笑
全然触れられてなかったんですが、この玄関入ってすぐのボルダリングの壁は相当なこだわりなのではないでしょうか??
(ご主人)あ、そうでした!笑
これもこだわりです!私が趣味でボルダリングをやるんですが、自宅にも欲しくてお願いしました。実は、自宅から歩いて数分の場所にジムはあるんですが、、、子供たちも登って遊んだりしているので、これは良かったなと思っています。
玄関周りで言うと、憧れていた土間収納もつくりました!通路部分のスペースを考えると収納量は減ってしまうと思うんですが、何より憧れていたので。笑
キャンプ道具などの大きくてかさばるものも収納できて満足しています。

玄関奥には土間収納。玄関を入るとすぐにボルダリングの壁が!遊びどころをくすぐるデザイン。

(ツバメ)リビングの窓際にハンガーパイプを付けられているんですね?これは部屋干し用ですか?
(ご主人)あ!これもこだわりです!!
これは部屋干し用につけてもらって、かなり重宝しています。1本じゃ足りないくらいです。部屋干しする人はこれが2本くらいあっても良いと思います!笑
(ツバメ)分かります。家族が増えると洗濯物も増えますしね!

窓際のハンガーパイプには洗濯物を吊るすもよし、グリーンを飾るもよし。

(ツバメ)実際に生活する中で、他にもやっておけば良かったなと思うことは何かありますか?
(ご主人)そうですね。かなりリノベの内容に満足しているので、特に不満はないんですよね!一つだけ挙げるとすれば、個室があっても良かったかなと。
このコロナ禍の影響で、最近、仕事が完全にリモートワークになったんですよね。今は寝室の一部を書斎にしているんですが、仕事柄、会議が多いので、家族のことを気にせず仕事に集中できるようなスペースを設けても良かったかなと思っています。

(ご主人)逆に、これはやっておいて良かったというポイントをツバメのこうはいの皆さまにお伝えしても良いですか?
(ツバメ)是非お願いします!
(ご主人)「収納の扉はなくして良かった」です!コスト削減が主目的だったのですが、実際に暮らしてみて、機能的にも扉はなくて良かったなと思いますね。
寝室、子供部屋、リビング一部の収納の扉を無くしているのですが、扉の開閉の動作がなくなるだけでこんなにも楽なのかと。笑
寝室の収納は、丸見えになってしまうのが嫌だったのでカーテンレールをつけて、カーテンで仕切れるようにしていますが、カーテンなので開閉も楽です。
(ツバメ)なるほど!扉を無くすというのは新しい発想ですね!確かに扉をつけるコストが削減できて、日々の開閉の手間も省けると。。理にかなってますね。視線を遮るのであればカーテンでも十分ですし。
素敵なアイディアありがとうございます!

元々あった収納の扉は外し、カーテンレールをつけた。隠したい時はカーテンをつけ、緩やかに仕切る。

(ツバメ)最後になりますが、お二人から「ツバメのこうはい」のみなさまへ何かアドバイスを頂戴できますでしょうか!
(ご主人)ちょっとでも住空間にこだわりたい方は「中古物件購入+リノベ」をオススメしたいですね!
私自身、完全在宅ワークになり、家に滞在する時間が増え、増えというかほぼ家にいるので(笑)、自宅の快適性が向上し、自分の暮らしが豊かになったのが実感できています。ツバメのこうはいの皆様の中にも、自宅にこだわりたいという方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな方は、是非リノベという選択肢を考えてみることをおすすめしたいです!

(奥さま)以前住んでいた家は通気性が悪く、ジメジメしており快適な住まいとはいえませんでした。この家に引っ越してからは、とても快適な暮らしができていて、暮らしが豊かになったんです。夫と同意見ですが、自分らしい暮らし方や快適な暮らしをしたい方は、是非リノベをオススメしたいですね。
(ツバメ)貴重なアドバイスありがとうございます!
S様ご夫妻、本日はありがとうございました!

written by Kazuya Kashimura